上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
BAD
あぁー…昨日卒業式だったんですけど、ドンチャンやっていて更新する機会を逃してしまったユアです。

という事で!!

昨日の卒業式の事を書いてみたいと思います!!

昨日は卒業式がありましたぁ~♪((シットルワ))

はぁー…うれしいはずなのに、悲しい…もどかしい気分でいっぱいでしたね。

大嫌いなアイツの顔を見ないですむんですけど、
大好きな親友とはもぅ一生一緒に学校にはいけないんですよね。
大嫌いなソイツと話さなくてよくなるんですけど、
すんげぇ良いやつなアイツにもぅ漫画が借りられないんですよね。
大嫌いなアイツといっしょにトイレ行ったり職員室行ったりしなくなっていいんですけど、
最高なアイツとはもぅ一緒に給食は食べられないんですよね…。
大嫌いなあいt…((いい加減にしないさい))

まぁ、そんなこんなで卒業は悲しいですね…

でも、入場時私は…一人で残酷な天使のテーゼを歌っていました。

最悪な奴だと思ってください!!
普通卒業式にこんなの歌いませんよね!!すんげぇのんきですよね!!
つか、卒業式だっていう事を自覚してないように見えますよね!!
っていうか、なんで残酷な天使のテーゼなのかが歌った自分でさえわかりません。
ドアホな自分ですOrz

ユア「ざぁんこくぅーなてんしぃのテーゼ~♪」
友達「何歌ってんの??」
ユア「残酷な天使のテーゼだよん♪」
友達「そんなこと知ってるよ!!なんで卒業式にそんな歌を歌ってるのかきいてんの!!」
ユア「歌いたいからねぇ~♪窓辺ぇからぁやがてっ飛び立つぅ~♪」

完全に友達の顔は呆れ顔でしたね(笑)
でも私はそんなことお構いなしです。
なんてったって、マイペースですからね!!((ただの空気読めない人間だ。))

入場もし終わり、次は証書授与です。
このとき自分は自分と葛藤していました。
私、人が多い場所とかにいったり、緊張すると顔が赤くなったり、
頭の中が真っ白けになっちゃうんですよね。
だから、そういう風にならないようにずっと考えていました。

ユアの心「うぅ~…どうしよう。もうすぐ自分だよぉ~…絶対に頭がいっぱいだって。ウジャウジャしてるって、黒いのが。いっぱい黒いの。目がついた黒いの。その黒いのが私を見るんだぁ~…」

思っていることは人間の事なんですけど、なぜだか頭ではマックロクロスケが登場していました。意味不明ですね。

ですが刻一刻と順番は迫ってきています。
私の頭の中ではパニックになりすぎてなぜだかマサイ族の皆さんが踊り狂っています。私の頭が狂ってきている証拠ですね。

と、私はあることを思いつきました。

ユアの心「みんな野菜だと思えばいいんだ!!」

自分の中では結構いい感じの考えでした。
芋やカボチャだとか思っとけば気持ち悪くありませんし、野菜に目はついてないので見られる心配もないわけです。カラフルな野菜が自分の前に並べられていると思っていれば安心です。

その時、私の順番がきたので私は立ち上がり、舞台へ向かいます。

まず、来賓の方々に挨拶。そして舞台への階段を上ります。ゆっくりと…。
と、っこでさっき思いついた考えを使います。

ユアの心「みんなは野菜!!」

みんなは野菜になりました。((ヤバッ))
一人安心したのも、つかの間、新たに問題ができてしまったのです。

それは…

ユアのお腹「……ぐぅ~…」

なったぁぁぁぁああ!!!?やばいなったぁぁぁぁああ!!?
もぅヤバイですよ!!こんな公の場で腹を鳴らしてしまったのです。
確か、朝はメロンパンひとつしか食べていませんでした。
あんまり食べると気持ち悪くなると思ったんでね。
ですが、その考えが仇となってみんなの顔は野菜作戦は失敗に終わりました。
なんか、顔が赤くなっていく感覚が伝わってきましたよ、頬に。

まぁ、なんやかんやで無事に卒業式は終了しました。

…。


いろんな意味で一生思い出に残る卒業式となりましたね(涙)
スポンサーサイト

2008.03.15 
Secret

TrackBackURL
→http://yuanohimegoto.blog46.fc2.com/tb.php/11-e4af11ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。