上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
どぉもぉ、次女と睨めっこしていたら三女に顔面殴られたユアです。
メチャクチャ痛かったですね~…
三女の小さな小さなオテテが私の顔面にクリーンヒットしましたよ。
恐るべし!!三女ッ!!
((まぁ、その前に私がケツ蹴飛ばしたのがイケナイのかもしれませんけどね♪))

今日は仲良しの馬鹿野郎から電話もなく、
マミーと妹軍団がお出かけしてしまったのでずっと家にいました。
すんげぇ暇でしたよ…
勉強すればいい話かもしれないんですけど、私の頭の中には勉強という言葉は、
シカト機能に反応しちゃうんで出てきません。((やるのがかったるいだけです。))

と、その時、私の目の中にテーブルの上にあるデジカメが入りました。
((眼球に入ったんじゃないよ??映っただけだよ??))

ユアの心「確か、卒業式の時の写真が今だにプリントしてなかったよなぁ。」

うちの親は何かとやるのが遅いので((つうかパピーがね。))
卒業式から1週間経っているのにもかかわらず、
御家でデジカメプリント!!をしていませんでした。((おせぇよクソジジィ))

そのデジカメに近寄れば見る事にしました。
自分の写りが良いか確認せねばいけないですからね。
((写りが悪いのをプリントされると後々親にバカにされちゃうんで…))

デジカメの電源を入れ、静止画フォルダを開いた瞬間、三女の満面の笑みがお出迎えです。
いいですねぇ、満面の笑みが残るなんて。
私、言われてから笑うのって無理なんですよね。
無理して笑うと頬がピクピクと痙攣しちゃいます。
その上般若のお面をかぶったような顔になっちゃいますから…
((イコール写真写りがめちゃくちゃ悪いという事です。))

まぁ、色々な写真を見ながら卒業式の時にとった写真に近づきますよ。
次女のブッサイクな寝顔とか、母のちょっとアレェ~な写真とかを見ながらね。
と、やっとの思いで卒業式の時にとった写真にたどり着きました。
でも一番最初の写真は顔がちゃんと映っておらず、ブレまくってる写真です。
これはすぐさま削除です。((なんか私の顔が線みたいになってるし。))

次の写真。これも一番最初の写真と同様です。スグサマ削除します。
次の写真…

クラスの男子が全体でしかも綺麗に写真にうつってます。

…なんだコリャァァァアア!!なんでだコルァァァアア!!
なんで私が写ってなくてコイツ写ってんだァァァァアア!!
しかも、もっとムカついたのは
最後の写真だったということです…Orz

オィオィ…娘の晴れ舞台に他の子とってどうすんねん!!
娘とれやぁ!!娘の全体写真とれやぁ!!

…。

まっ、ビデオカメラでちゃんと取れてたから許してあげるか。Σ(*_*;))))
スポンサーサイト

2008.03.22 
どぉもぉ、小学生の頃に履いていたスカートが履けて一人喜んでいるユアです。
いやぁ、本当に嬉しいですよ。小学生ですよ??役4年前ほどですよ??
そんな時のものが今ダニはけるだなんて…
嬉しい事この上ねぇですよ((笑))

でもですね、よくよく考えてみれば、その時の自分は結構太っていたのか、
それとも今痩せたのかが気になります。
多分、私の場合はその時の自分が太っていたのでしょうね!!((納得))
絶対そうですよ~♪それ以外考えられませんもん♪

あっ、今日の出来事!!

今日は仲良しの馬鹿野郎とドムドム((ファーストフード店です))でお勉強をしてきましたぁ!
高校の説明会で出た宿題をやろうという話です。
ですが、私の宿題は仲良しの馬鹿野郎と比べて、
ものっそい簡単な物ばかりです。
だって、数学と英語なんて中1がするような勉強ですし、
国語の感じにいたっては、小学生並のレベルですよ??
休息』とか、『何事』だとか、いかにも「私を馬鹿にしてんのかオンドリャァァァァアア!!!」と思うような問題ばかりです。
内心、勉強してもしなくても同じような勉強ばかりですよ。特に漢字なんかは。
8級問題ですからね。
私のいく高校がどれだけ低いか思い知らされる課題問題ですね。((苦笑))

というわけで、勉強という目的でドムドムにきたのですが…、

ほとんど勉強せずお話ばかりです
((仲良しの馬鹿野郎は私の倍勉強していました。えらいですね♪))

お話している中で一番印象に残ったのが私の得意料理ナントカ作れる料理の話です。

私、メチャクチャ料理ヘタクソなんですよね…。
私が作ったドーナツ((確か2月か3月当りに写真載せました))を見てお分かりのとおり、
私が作る料理は仲良しの馬鹿野郎がいないとほとんどダークマターになります。
もぅ見事になりますよ。油上がった石炭になりますよ…((私の奴隷がドーナツ見て言った言葉です))

でも!、こんな私でも得意料理はあります!!((味と見た目と安全性は保障出来ませんが/Σ))
それは…オムライスです!!
結構評判なんですよ??((妹には))すごく美味しく食べてくれるんですよ??((妹が))
本当に美味いんですって!!((自分で実際に食べたのは指折り数えるほどしかありませんが))
他に作れるのは…
『目玉焼き・卵焼き・ウィンナーを焼く・冷や奴・焼きオニギリ・インスタントラーメン・お茶漬け、
ココア・コーヒー・ふりかけご飯・卵掛けご飯・冷凍食品チンするの・ご飯炊く・マヨネーズご飯』
ぐらいですかね??結構レパートリーあるでしょう??
ついでに、特技あるんです!!それは…

今言った料理全て5分以内に終わらすことできます!

すごくないですかぁ!!?やばくないですかぁ!!?((色々な意味でな…))
あっ、あとですね、クッキーも作れます!!
バレンタインデーに友チョコとして、仲良しの馬鹿野郎にあげたのですが、

ユア「どうだった??」
親友「1~2枚美味く焼けてるのがあったよ。あとは生。」
ユア「1~2枚生じゃなくて??」
親友「1~2枚成功してるの。あとは生。ホットケーキのタネの味がしたよ。」

と言われてしまいました…食べる分はレンジでチンしたそうで…

なんだかものすごく腹が立ちました!結構頑張ったのに!!
一人で一生懸命頑張ったのに!!!((見兼ねた母が途中で手伝ってくれましたが。練るのをね。))
で、もっとムカついたのが、
私よりか遥かに美味いチョコムースを持ってきた事です。
なんだかね、こう胸の奥底からフツフツと湧き上がるものがあるんですよ…

ユア「誰かァァァァアア!!この黒いの取ってよォォォオオ!!!」

みたいな感じになりましたよ。((Σアレ、神楽チャン!?))
ですからね、仕返しみたいな感じでね、今日ね、言ってやったんですよ!!

ユア「○○○((彼氏の名前))の誕生日にクッキー贈ってあげよう♪」

凄く勇気出していったんですよ??そうしたらなんと言ったと思いますか??

親友「手伝ってあげようか??」

…ダァァァアア!!ムカツクゥゥゥウウ!!
それぐらい一人で出来るのに!!しかもなんだその笑みは!!
私がまたあんなダークマター作ると思ってんのか!!
一人で出来るわ!!料理本借りなくてもできるわ!!
今に見てろよな!!馬鹿野郎!!


さぁて、明日から料理の特訓しようかしら…。

2008.03.21 
どぉもぉ、ヨーグルトに練乳かけて食べてみたら意外とこれが美味くて一人で

ユア「練乳とヨーグルトのベストダンシングや~♪」

なんて彦麿のように騒いでいたユアです。
いや、めっちゃ合うんですよ。マジで美味しいっすよ。試してみろって。
騙されたと思ってやってみ??美味いから。ユアさん保証しちゃうよ(笑)

そんな事はさておき!!((オィオィ))

今日は仲良しの馬鹿女と一緒に二人でカラオケに行ってきました~♪

この間言った時にまだ三時間も経っていないのに退出してください的電話がきてしまったので、
今回は少し遅めにカラオケに行きました。
行ってみると、意外と人も少なくて、案外空いてるな~、なんて思いつつ入りました。
と、ここで気が付いたんですが、今日は平日です。
私たち((卒業した中3の子))以外は学校です。
馬鹿ですね、自分。こんな事に気づくのが遅いの。

部屋に入るとまず飲み物を取りにいきます。
もちろん、私は紅茶にガムシロップ二つ、ミルク一つのユアちゃんスペシャルです。
これ、好きなんですよね。((笑))甘党ですから。

2人ともとりにいき終わりましたが、直ぐには歌い始めません。
何故だか、入ってから十分ぐらいしないと歌い始めないのです。
理由は、多分、最初に歌うのがアレだからでしょうか。
なんか最初って選曲迷うじゃないですか。
それに、仲良しの馬鹿女は好きな曲が見つからなかったらしくてね。

十分ほどたてば私が最初に歌い始めました。
最初に歌ったのはショコタンsnow tearsでした。
初っ端からそれです。しかも、音めちゃくちゃ外しました。
でもお構いなしに歌うのがユア。マイスタイルで歌います。

私が歌い終わると、次は仲良しの馬鹿女…。
と、思いきや、曲が始まりません。
歌いたい曲が見つからないというのです。

あぁー…こんなんだったらUGAにしとけば良かったよ…。

こんな事を思いつつ再び私が歌い始めます。
またショコタンの曲です。((歌ったのはみつばちのささやきと題名忘れた…))

と、私が歌い終われば仲良しの馬鹿女が歌います。
歌っていたのは電王の曲です。((モモタロスと良太郎がいっしょに歌ってるヤツ))
歌いたい曲がそれぐらいしかなかったらしくて、嘆いてましたよ。

今度はUGAにしようね!((何))

その後に私が歌ったのは、
大塚愛。Aiko。ユンナ。柴崎コウ。倖田來未。ポルノグラフィティ。Acid Black Cherry。相川七瀬などです。

これが終われば…アニソン!!(キャホォ!!)

残酷な天使のテーゼ・タッチ・妄想ブレイク・百花繚乱(漢字ワカンネェ)・図書室では教えてくれない、天使の秘密・ブランニューワールドなどです。

内心、友達にあったらやべぇよなぁー…なんて思いつつ歌ってました。
残酷な天使のテーゼとか、タッチなら友達の前で歌ってるからいいんですけど、
妄想ブレイクとかヤバイじゃないですか。もう少し時間あれば「最強○×計画」を歌おうと…

ユア「子作りしましょ~♪」

ヤバイですね。まぁ、ここは口ずさむ(友達の歌を邪魔しながら)だけで終わらせましたよ。

と、とうの友達は…
ドクタースランプあられちゃんの顔でかーいとか、変なの歌ってました…
((顔でかーい、は何故だか知ってたからいっしょに歌っちゃったけど…))

なんやかんや歌ってて一番頭の中に残ったのはあれですね。
マッチの名曲、ケジメなさいですね!!
大すきなんですよ、この歌。もぅノリノリで歌いますよ!!

ユア「ケッジッメ~♪ケジメなさいっアナタ~♪」

  ~一分程経過~
ユア「ミ・ジメ ジメジメと地味にきめるのは致命傷だね優しさは
   ワッショイ!! ワッショイ!!!
   ワッショイ!!!!

 ~二分程経過~
ユア「自分でちゃんとできないのなぁらぁ~!!ダメダメェ~!!!」

もぅ友達の事を指差しながら歌ってましたよ。
もぅ頭の中マッチがバッテンマークを作りながらいっしょに踊ってくれましたよ。

今度また…歌おう…(笑)

2008.03.17 
どうも、中学を卒業した事をいい事に、昼の3時まで寝ていたユアでございます。
もぅなんだか卒業式の時は悲しみでいっぱいだったのに、
今となってはパラダイスゥ㊤㊤ですよ。
親も煩いですが、そんなのお構いなしです。
っていうか、もぅ自分は籠の中の鳥から自由に羽ばたく白鳥のつもりでいますんで。
日々によって薄汚れていた私のハートはもぅスカイブルーですよ。
青く澄んでますよ。ブロークンハートからナチュラルハートですよ。((意味分からん))

あっ、今日の事のお話!!

今日、私は起きてすぐに昔友達に録画してもらった銀魂を見ていました。
その回はたしかぁ~…土方と銀ちゃんが「アレ、作文?」とか言っていた回です。
何気にあの回が大好きなんですよね。
なんつうか、似たもの同士の喧嘩って大好きですから。((なんだそりゃ))

その回の一番最初の方に土方スペシャル食べてる土方と、
宇治銀時を食べている銀ちゃんが出ているシーンで
私は一人頭の中であることを考えていました。

ユアの頭の中「宇治銀時って美味いのかな…」

すんげぇ、考えましたよ。こんな事で。
私、大の甘党人間なんです。
もぅすごいですよ。私の甘党っぷりには。
友達があきれてしまう程です。
ココアにガムシロップを二ついれるわ、紅茶にガムシロップ三ついれるわ、
ガムシロップをナチュラルに飲むわ、コーヒー飲むときに砂糖3・牛乳6・コーヒー1の割合で飲むわ、
甘いの食べたいのに、家から出るのが面倒だった時、
一人で砂糖を舐めているときもありました…((不衛生だと思いますね))

でも、それぐらい甘いものが大好きなんです!!
ですから、宇治銀時はとても美味しそうに見えたんですよね。
なんつーか、見た目はあれだけど、食ったらうまい!!みたいな感じになりそうじゃないですか。
大体、宇治銀時ってオハギが少し分裂しちゃったバージョンじゃないですか。
オハギに進化する前のものじゃないですか。
だから、考えた結果…

宇治銀時はうまいものに決定されました!!((ラッパ音))

え??土方スペシャルはどうなんだって??((誰も聞いてねーよ))

そんなの美味しい決まってるじゃないですか!!
私、大のマヨネーズ好きなんです。
すんげぇですよ。私のマヨネーズ好きには。
家族が少し引いてしまうぐらいですよ。
カレーにマヨネーズかけるわ、カツどんにマヨネーズかけるわ、
サラダにマヨネーズかけるわ、オムライスにマヨネーズかけるわ、
マヨネーズをナチュラルにすってる時もあります。((ただの不衛生じゃね))

それほどマヨネーズを愛してるんです!!
もぅ私からマヨネーズを取り上げたらアレデスヨ。
禁断症状でちゃうくらいですよ。((ただムスッとしてるだけです。))

マヨネーズと糖分はいわゆる、私のエネルギーの源ですよね。

でも、こんな食生活をしていると、やっぱりカロリーが気になります。
とくに、部活をやめてしまったので、食べる量もかなり減らしましたよ。
それに、私元々すんげぇご飯食べる子なんで…
一時期は一人でご飯一合食べた後に、ケーキとか平気で食べてるときもありましたしね…
親に、「御前そんなに食ってると彼氏ができたときに引かれちまうぞ?」って
いわれたぐらいですからね…。

でも、今思ったんですけど、部活やってるときは今よりはるかに食べていました。
もぅ丼飯でしたよ。((一応テニス部に入ってました。))

でもね、今よりはるかに食べてて、はるかにカロリーとっていたにも関わらず、
今よりはるかに体重が軽かったんですよね…。

…。

明日から食べる量減らそう…。

2008.03.16 
BAD
あぁー…昨日卒業式だったんですけど、ドンチャンやっていて更新する機会を逃してしまったユアです。

という事で!!

昨日の卒業式の事を書いてみたいと思います!!

昨日は卒業式がありましたぁ~♪((シットルワ))

はぁー…うれしいはずなのに、悲しい…もどかしい気分でいっぱいでしたね。

大嫌いなアイツの顔を見ないですむんですけど、
大好きな親友とはもぅ一生一緒に学校にはいけないんですよね。
大嫌いなソイツと話さなくてよくなるんですけど、
すんげぇ良いやつなアイツにもぅ漫画が借りられないんですよね。
大嫌いなアイツといっしょにトイレ行ったり職員室行ったりしなくなっていいんですけど、
最高なアイツとはもぅ一緒に給食は食べられないんですよね…。
大嫌いなあいt…((いい加減にしないさい))

まぁ、そんなこんなで卒業は悲しいですね…

でも、入場時私は…一人で残酷な天使のテーゼを歌っていました。

最悪な奴だと思ってください!!
普通卒業式にこんなの歌いませんよね!!すんげぇのんきですよね!!
つか、卒業式だっていう事を自覚してないように見えますよね!!
っていうか、なんで残酷な天使のテーゼなのかが歌った自分でさえわかりません。
ドアホな自分ですOrz

ユア「ざぁんこくぅーなてんしぃのテーゼ~♪」
友達「何歌ってんの??」
ユア「残酷な天使のテーゼだよん♪」
友達「そんなこと知ってるよ!!なんで卒業式にそんな歌を歌ってるのかきいてんの!!」
ユア「歌いたいからねぇ~♪窓辺ぇからぁやがてっ飛び立つぅ~♪」

完全に友達の顔は呆れ顔でしたね(笑)
でも私はそんなことお構いなしです。
なんてったって、マイペースですからね!!((ただの空気読めない人間だ。))

入場もし終わり、次は証書授与です。
このとき自分は自分と葛藤していました。
私、人が多い場所とかにいったり、緊張すると顔が赤くなったり、
頭の中が真っ白けになっちゃうんですよね。
だから、そういう風にならないようにずっと考えていました。

ユアの心「うぅ~…どうしよう。もうすぐ自分だよぉ~…絶対に頭がいっぱいだって。ウジャウジャしてるって、黒いのが。いっぱい黒いの。目がついた黒いの。その黒いのが私を見るんだぁ~…」

思っていることは人間の事なんですけど、なぜだか頭ではマックロクロスケが登場していました。意味不明ですね。

ですが刻一刻と順番は迫ってきています。
私の頭の中ではパニックになりすぎてなぜだかマサイ族の皆さんが踊り狂っています。私の頭が狂ってきている証拠ですね。

と、私はあることを思いつきました。

ユアの心「みんな野菜だと思えばいいんだ!!」

自分の中では結構いい感じの考えでした。
芋やカボチャだとか思っとけば気持ち悪くありませんし、野菜に目はついてないので見られる心配もないわけです。カラフルな野菜が自分の前に並べられていると思っていれば安心です。

その時、私の順番がきたので私は立ち上がり、舞台へ向かいます。

まず、来賓の方々に挨拶。そして舞台への階段を上ります。ゆっくりと…。
と、っこでさっき思いついた考えを使います。

ユアの心「みんなは野菜!!」

みんなは野菜になりました。((ヤバッ))
一人安心したのも、つかの間、新たに問題ができてしまったのです。

それは…

ユアのお腹「……ぐぅ~…」

なったぁぁぁぁああ!!!?やばいなったぁぁぁぁああ!!?
もぅヤバイですよ!!こんな公の場で腹を鳴らしてしまったのです。
確か、朝はメロンパンひとつしか食べていませんでした。
あんまり食べると気持ち悪くなると思ったんでね。
ですが、その考えが仇となってみんなの顔は野菜作戦は失敗に終わりました。
なんか、顔が赤くなっていく感覚が伝わってきましたよ、頬に。

まぁ、なんやかんやで無事に卒業式は終了しました。

…。


いろんな意味で一生思い出に残る卒業式となりましたね(涙)

2008.03.15 
どうも。友達の家でバランスボールに座りながらwiiスポーツのテニスをしていたらスカートが下敷きにり、
後ろへとすっ転んだユアです。
いやぁ、綺麗に転がりましたね。あの時は。
その日は卒業式の練習もあり、スカートの丈を短くしていると怒られるのでベルトはしていません。
なのでスカートの丈はものっそぃ長かったのです。
バランスボールの上で弾んでいればどんどんスカートはバランスボールの下へと…。
と、次に弾もうとした其の瞬間!!

華麗にスッテンコロリンですよ。

自分でいうのもなんですけど、本当に華麗でした…。
おむすびの気持ちがわかります。((童話か!!))

まぁ、そんな話はさておき。
皆さんは遠い未来の事を考えてみたことはありますか??
私はもちろん、ありますよ。((今日はじめて考えたのですが))
でも、私は考えるのは鉄腕アトムに出てくる空飛ぶ自転車とか、
ドラえもんの四次元ポケットとか、
ほぼファンタジ~な世界ばかりですけど。((ほぼ現実逃避な考えです))

でも、こう考えるのは私のある行動が始まりでした。

今日はいつものように学校に登校していました。
自分の教室に向かう途中、友達が廊下で話していました。
井戸端会議のような感じです。
私は井戸端会議が大好きなので当り前のように加わります。
と、話しつづけていれば出てきた話題が宇宙人について。
SFファンタジーっすねぇ~♪なんておもいつつ話している矢先、
私はある事を思いました。

ユア「遠い未来には円盤が空を飛び交っているかも知れない…」

とね。もぅ頭の中で夢あふれましたよ。
と、一人頭の中でドンドン考えていけば、
ふとあるワンフレーズが出てきました。
それを思うと、一人ニヤけてしまいます。((笑))
チャイムが鳴りそうだったので教室にいくと、私はさっそく、
その思いついたワンフレーズを後ろの席にいる友達に言いました。

ユア「ねぇねぇ!!」
友達「何ぃ??」
ユア「遠い未来にはガンダムとかいそうだよね!!」
友達「は?」

あまりの驚きに友達は口がアングリと開いてしまっています。
そりゃそうでしょうね。私も今考えてみれば馬鹿な事をいったなぁ~、
と思いましたよ。っていうか、なんでガンダムに続いたのかと疑問に思いますよね。
でも、そのときの私の頭の中は未来についてで溢れています。
何を言っていいか、なんていう考えは消え去っています。
その後も私の遠い未来についての御馬鹿発言は続きます。

ユア「ねぇねぇ!!」
友達「ん??何かな??」
ユア「遠い未来には銀河鉄道999みたいに、宇宙を電車が駆け回ってそうだよね!!」
友達「…あはははっ…」

友達の顔は苦笑のし過ぎでか、顔がすごい歪んでます。
誰でもしたくなるような顔ですけどね。

と、その時私はまたある事を思いました。

ユアの心「遠い未来にはエヴァンゲリオン的なものがありそう!!」

なんかありそうじゃないですか??あってもおかしくないでしょう。((戦争はじまるよ!!))
でも、ふと思ったんです。
だいぶ前に、エヴァンゲリオンのCMを見たんですけど、その時ロボットが血を吐いていました。
私の中にはでっかい疑問が広がります。

ユアの心「えっ、ロボットって血を吐くわけないよなぁっ。でも、吐いちゃってたよね。でも、吐くとしても普通はオイルとかそんなんでしょ。あんなドパァァァッ!!!って血を吐いたりしないよね…」

私の頭の上ではハテナマークのカーニバルですよ。もぅリォのカーニバル並ですよ。
スンゲェふるいですけど、『何でだろう??』ですよ。((あれ、いつか使ったフレーズだよな))

そこで私はクラスの男の子に質問します。
なんか男の子とか知ってそうじゃないですか。そういう系。

ユア「ねぇねぇ!!」
男子A「何?」
ユア「どうしてエヴァンゲリオンに出ているロボットは血をドパァァァッ!!って吐くの??」
男子A「あれはロボットじゃねぇょ。」

と、そこにクラスの女子がきました。
私と同様、漫画やゲームが好きな女の子です。

友達「何々?なんの話??」
ユア「んとね、エヴァンゲリオンに出てくるロボットが何で血をドパァァァッ!!って吐くのか質問してたんだ。」
男子A「だぁかぁらぁ!!ロボットじゃねぇっっつうの!!あれは人造人間なの!」
友達「人造人間!?」

と、またそこに男子Bが。
ですが、それをいい事に私と友達はニヤッと笑います。
だって、人造人間ですよ??人造人間。
人造人間といえば…

ユア・友達「ホムンクルスかぁ!!!

私は背中を、友達は太ももを、男子Bを蹴り飛ばします。
人造人間といえばホムンクルス!!((ハガレンを見てればわかります))
友達も私もハガレンが好き。その時一瞬、テレパシーがきましたね((笑))

私と友達が男子Bを蹴飛ばしていると、男子Aはあることに気づきました。

男子A「おぃ、御前なんで蹴られて喜んでるんだよ。」

その言葉とともに私と友達は男子Bの顔を見ます。
すんげぇ、ニッコニコしてました。
えぇ、蹴られて嬉しいのでしょうか。
はっきりいって、男子Bの事をドン引きしました。

……。
…。

男子BはドMなんですね!!((納得))

2008.03.12 
どうも、卒業式に歌う歌の練習が終わった瞬間に伸び前を向いたらそのまま倒れそうになったユアでございます。ビックリしましたよ。うぃ~っと伸びて前を向いたらバランスが取れなくなり、そのまま…
危うくその日の悲劇のヒロインになるところでした。
もぅ周りの子には爆笑されましたよ。でも、こっちは、

ユア「あともう少しで倒れかけたんだぞ!!前の奴とゴッツンコだぞ!!」

なんて怒鳴ってました。じゃなきゃ恥ずかしくて前見れません。

まぁ、そんな事はさておき、今日のお話です。

私には二つ年上((現在17歳・今年18歳))の彼氏サンがいます。
といっても、私の中では下僕とか奴隷だとかしか思ってませんけど。
あっでもこれじゃ可哀想ですね。仕方ないですから、奴隷とか下僕の上の上の上の部分に
特別なと付け足しておきます。

彼氏サンとは現在遠距離恋愛中です。((略して遠恋!!))
私は埼玉県に住んでいるのですか、相手は福○県に住んでいます。
((一応アイツもブログ見てるんで…下手に県名出すと怒られるかもしれないんで…orz))
そうとう遠いですよ。もぅ孫悟空のあの金色の雲に乗らなきゃだめですよ。((ウソっす))

会えないと色々寂しい物ですね。((しみじみ))
まぁ、今の台詞は冗談です。寂しいわけないじゃないですか。
私には馬鹿やろうな親友がいるのですから。((笑))

そんなことはさておき。((えぇ))
彼氏サンは福祉系の学校に行っているそうです。
すごいですね~♪福祉。
私には考えられませんよ。っていうか、考えたくもない自分がいます。
はっきり言って、人の世話をするのが苦手((大嫌い))です。
どちらかというと、するよりしてもらう派の人間なんです私は。
ガキの相手も苦手な方です。
((理由:遊んでても最終的には『怖い』だとか『自分達よりも子供』だとか思われるからです。))

そんな彼氏サンは私が思うに、ヤキモチ焼きな人だと思います。
会話の中で男の人が出るとその後の態度が急変したりと、
とにかく面白いんですよ。反応とかが。
ですから、その反応見たさに、
わざと男の子をだしたりとかします。((嘘とかで登場はしませんよ。全てホントです。))
その後の態度ときたらねぇ~♪
「ユアは俺のもんだぁ!!」的な事を言われますけど、内心、

ユア「どこぞのラブ映画のセリフっすか」

なんて思うようなセリフを吐きます。なんだかキザっぽいっすね。
本当のこと言うと、私…キザな男嫌い…

↑のは本当ではありません。嘘ですよ。ジョークです。アメリカンジョークっす。

あっ、私思ったんですけど、この頃の彼氏サンへのメールに大体私は
馬鹿野郎を入れているのに気づきました。
最近多くなってきましたねぇ~。ね??((誰に同意求めてるの))
私、暴言酷いんですよね…。
本当にスゴイですよ。親に対しても、友達に対しても、彼氏に対しても。
ある意味平等に暴言はいてます。((親の場合には少し…))
彼氏に言うと落ち込むみたいなので言わなかったり遠まわしにいったりしますが、
親友に対して『死ね』が普通になってきました。
どんな時でも、いつでもいいます。
他にはぁ~…青酸カリを飲んで死ね!!とか、豆腐の過度に頭をぶつけて死ね!!とかぁ~…
あっ!!脳天ぶち抜かれて死ね!!もいいますね。

まぁ、直したいとかは思いますよ。
でもね、そんな思いを馬鹿にするかのように親友や彼氏サンはからかってくるんですよ!!
ひどくないですか!?ウザッくないですか!!?
せっかく直りかけていた所にいうんですからね。
もぅ、私の暴言が直らないのは貴方方二人(親友・彼氏)のせいなんだよ!

っと、結構話がずれてしまいました。
でも、それぐらい…。もういいです。((なんだっ))
あっ、最後に一言。

テメェ等((親友・彼氏))私をからかうなよ!!わかったか!!

2008.03.11 
BAD
あぁ~…自分が気に入るテンプレートが見つからず一人悩んじゃってるユアです。
もぅログインしてから20分以上かけて探してますよ。テンプレート。
バラ系とかチョウ系がいいですけどね、中々満足するようなのが見つからなくて…
現在はこの紫のダイヤの宝石です。これは「可愛いっぺなぁ」と思ったので。

あっ、お話!!

今日は昨日に続いてのお話です。((最近良いネタが見つからなくて…))

昨日は三女の話をしたので、今日は次女の話をしたいと思います。

私と次女の年の差は七歳。((現在八歳・今年で九歳))
次女は、姉の私が言うのもなんですが、運動神経抜群少女です。
特に得意なのは縄跳び。
後ろ二十飛びやハヤブサ、後ろハヤブサなどをやってのけます。
走りも意外と速いそうで…((一年の運動会ビリッケツだった癖に!!))

妹は今、ゲームなどにはまっています。
日々『鉄拳』という格闘ゲームをしています。
ですが、強さはまぁまぁ。当たり前ですけどね。
あの年で私よりか強かったら泣きますよ。私も何気にやってますからね。
駅にあるゲーセンとかで男に混じってバーチャファイターとかやってますからね。
ちゃんとカード買いましたからね。名前は…秘密です♪((*^_^*))

そんな妹は昔、結構モテていました。((多分な!!!))
ご近所の男の子とは毎日遊ぶ日々で、ある時は家に男の子を家に連れ込んでいました。
一瞬、

ユア「アイツぁ将来絶対に男好きになるな!!!」

なんて思いましたよ。本当に。でも、
私も昔はそんな感じでしたけどね。男の子とばっか遊んでましたけどね。
服装とかも男の子みたいなのしか着ていませんでしたからね。
遊ぶことも野蛮で男の子でさえ引いてしまうような遊びしてましたからね。
常にを持ってましたからね。((虫捕まえるために))
髪の毛も男の子並に短い時期もあったので、近所のオバサンに、

オバサン「あらぁ、坊や。今日も元気ねぇ。」

なんて太陽のような笑みを浮かべながら言われましたからね。
内心、

ユア「女ダァァァアア!!!!!!

なんていい返しましたけどね…

あっ、話がズレた。((元に戻りましょう。))

で、そんなある日、妹はとんでもない会話をパピーとしていました。
学校から帰ってきた私は、一人部屋の中で漫画を読んでいました。
と、その時、聞こえてしまったのです。我が家の薄ゥイ壁の向こうから…

パピー「お前はモテてんの?」
次女「ん~…わかんない!!でもね、仲のいい男の子は沢山いるよ!!」

ユアの心「フッ、そんなのも小学校低学年までなんだよ!!!」

パピー「んじゃぁ、結構モテてる事じゃん??」
次女「そうなのぉ??私すごい!!」

ユアの心「フッ、そうやって笑ってるのも今のウチだぞ小娘!!!」

パピー「御前の旦那候補いっぱいいるなぁ!!」
次女「だんなさん??」

ユアの心「ちょっ…ジジィ!!!!!小学校上がる前のガキにナンチュウ話しちゃってんのぉぉぉぉおお!!!!」

パピー「御前は好きな男の子いる??」
次女「うんっ!!だからね、誰と結婚すればいいかわかんない♪」

ユアの心「えっ、まじで。ちょっ…おまっ…その年でそんな事いっちゃう??いっちゃう系??」

本当にスゴイと思いましたよ。パピーと次女が。
ジジィもアレですけど、次女もアレですね。ませてるとも思えますが、
自分がどれだけ恥ずかしい事言ってるのか気づきもしないで
スイスイといえるその精神に拍手モンっちょ!!((アレ??ちょめすけ??))
聞いてる私のほうが恥ずかしくなるというか、
居たたまれなくなりましたよね。本当に。

まっ、なんだカンダで今年で小学三年になる次女。

でもね!!そんな次女にもね!!私はね!!不満があるんですよ!!!!

~不満その1~
私と次女は同じ部屋です。もちろん、寝るときも一緒。
ですが、布団は違いますよ??それぞれの布団で寝ています。
今の季節はまだ少し寒いので、未だに羽毛布団を使っている二人。
もちろん、これも自分たちは自分たちそれぞれの羽毛布団があります。
で!!ここですよ!!!
私の羽毛布団は緑と青の水玉模様っぽい変な羽毛布団です。
まぁ、それなりには暖かいので気に入っています。
ですが、妹の羽毛布団はちょっと高めのヤツ…
高級羽毛布団を使っています。
…なんかムカつくんですけど。なんで姉の私が安い羽毛布団で、
次女が高級羽毛布団なんですか!!おかしいでしょ!!
普通姉が高級なの使って妹が安いの使うでしょ!!
姉の威厳は!!権利は!!跪け妹ォォォオオ!!!!

~不満その2~
次女はクラスでも結構身長が大きめで、現在八歳にして131センチ。
クラスで二番目に大きいです。その見た目もスゴイ。
同じクラスの女の子と歩いているのを見かけた事があるのですが、
そっからどう見ても、小学二年生と小学四年生にしか
見えないんですよ。マジででかいのです。
普通の男の子と歩いてても絵にならないくらいでかいのです。
で!!!ここですよ!!!!
私、身長は151センチしかありません。((今年で高校生なのに…))
でも次女は131センチ…ものっそぃムカツキマス!!!
私のほうが七年も早く生まれてきたのに!!
なんでアイツがデカで私がチビなの!!おかしくない!?
ちょっと母ちゃん!!私のDNAなんとかしてよ!!
マミーがちゃんとDNA組替えなかったから私チビなんじゃん!!
クラスで一番チビだよ!?わかる一番の気持ち!!

……。

って忘れてました…。

母ちゃんもチビだった…。(現在156センチ)

2008.03.09 
あぁもぉ、最近はじめたばっかなのにもぅ飽き始めちゃってるユアです。
私、スンゲェ飽きっぽい性格なんですよね。
酷い時は本を買った次の日に売りにいっちゃいましたから。
なんつーか、常に新鮮さを求める人種なんですよ。((帰れ))

あっ、お話をはじめなくちゃ!!

私の家は三人姉妹でその長女が私です。私には妹が三人います。
私と七つも離れた次女(今年で9歳)と13も離れた三女(今年で3歳)です。
結構年が離れてる姉妹なんですよ。
だから、日々がいろんな意味での戦いです。
というか、自分的には、

ユア「母ちゃんその年で父ちゃんと頑張ったなぁ…」

なんて思いましたよ。三女が生まれてきたときは。
マミーが三女を生んだときの年齢は30代後半。
もぅ生む人が少ない世代で生んでいます。ですから、色々と大変でしたね。
私と次女は普通に生まれてきたのですが、
三女はデカく育ちすぎて生むときに骨が引っかかってしまい、
帝王切開で生まれてきました。
パピーの話しによると、赤ちゃんを産む部屋(名前が分からん)の証明に
血しぶきが あったそうです。もちろん、マミーの腹をメスで切ったときに血がドパァッ!!となり
かかってしまったようです。恐ろしいですね…

私が生まれてきたときは4000グラムぴった。次女は4760グラム。
ですが、三女は約4500グラムほどもあったそうで、
超ビッグ!!な赤ん坊だったのです。

はじめて三女をみた時思いました。

ユア「ちょっ…ホッペに肉まんついてんべ…」

それぐらいビッグ!!な赤ん坊なんですよ。

そんな三女が生まれてきてからもぅ三年近く。
すんごぃガキへと育っていました。

我が家は女の子しかいないはずなのに、皆男みたいな性格。
それに従うように三女も暴力をしてくる子に大変身。
テレビを見ているときに私にパンチ。
三歳児なんだからそんなに痛くないだろう~、なんて思ってるそこのアナタ!!
三歳児をなめちゃあいけません。
ものっそい!!痛いんですよ~…コレガ…
しかも、私が胡座で座っていると身長的に腕が私の目に当たり易くなります。
ですから、何度も目にパンチを受けているんです…痛いですよ…本当に…
あとあと、家には格闘ゲームがあるのですが、
それの影響を受けてでか、やたらとそのゲームのキャラクターの技で殴ったりけったりしてくるんです。
もぅ止めなさいよ。。。ゲームやるのは。。。

それに、三歳児といえば言葉を色々と覚えはじめる年齢です。
日々色々な言葉を頭の中に取り込んでいっています。

三女「かっかっねぇ!!かっかっねぇ!!」
ユア「は?」
三女「かっかっねぇ!!かっかっねぇ!!おっぱっぴ!!」

小島よしおォォォオオ!!!!!
こんときはビックリしましたよ。本当に。
三歳になる子供がいきなりおっぱっぴーですか!?みたいな。
小島よしおサン本人には恨みは持ちません。
で・す・が !! 三女がテレビを見ていない時に芸をお願いします…

あくる日はこんなことがありました。

三女「ぐぅ!!ぐぅ!!」
ユア「へ??」
三女「ぐぅぐぅぐぅぐぅ!!こぉぉぉおお!!!」

エド・はるみィィィイイ!!!!!!
しかも、こぉぉぉおお!!の部分の顔がソックリ…ポーズも真似てる…
んだこのがきぃ!?みたいな感じですよ。まじで。
っていうか、どうしてそんな言葉ばかり覚えるんですか。三女!!
もぅちょっと違う言葉を覚えてくださいよ!!私の名前とか!!

そして、私に負い目をかけるような時がきました。

私がノホホンっとテレビを見ているとき、三女はオムツを変えてもらっていました。
カグワシイ香りと共にテレビを見るのは少々辛いものでしたが、我慢していました。
そしてテレビも終わり次は何を見ようかなぁ??なんて思いながらチャンネルを
変えているとき、私に負い目をかけるような言葉が聞こえてきました。

三女「○○○(本名)馬鹿ねぇ~。」

ちょぉぉぉおお!!!クソガキィィィイイ!!!!
今なんつった!?今なんつった!?

三女「○○○(本名)馬鹿ぁ~。バッカ。」

小島よしお…エド・はるみ…
その次は私の侮辱かよっ…
そりゃぁ、名前を覚えてほしいとか思ったさ!!だけどな、
私の名前を覚えて侮辱しろなんて願ってない!!!

…。

テレビのバカァァァアア!!!!明日から女の子らしくなってやるゥゥゥウウ!!!!

2008.03.08 
突然ですが、私にはちょっとした疑問ができました。
それは…

神楽が人間天人どちらなのかという事です。

見ている皆さんは「なんだよぉ~。」なんて思っているようですが、私にとっては一大事な疑問なんです。
この疑問が解かれない限り、私の銀魂を読むときの気持ちが変なままなのです。

この疑問が始まったのは銀魂でのある回の事でした。

神楽が拙者拙者詐欺などという、いかにも嘘丸出しですよ詐欺にひっかかり、変なスーパーへ振り米(振り込めと勘違いしたのです。)をしていたら、変なエイリアンにつかまり、海坊主に助けられました。
ですが、神楽は海坊主を嫌い、離れて歩くように言いました。
その時です!!私の疑問を作った発言が!!

海坊主「人間にはなぁ」

このワンフレーズです!!私に疑問という名の種を植え付けたのは!!

ユア「え…人間!?ちょっまてよぉ~!!神楽は他の星からきたんじゃないんだっけ??ロケットに捕まってきたんじゃないっけ??おかしくね??これまぢおかしくね??だから銃で打たれても死ななかったんじゃないの??え??何故に??」

私の頭の中はハテナマークのカーニバルですよ。もぅリオのカーニバル並ですよ。
古いですけど、「なんでだろう♪」ですよ。((マヂフルッ))

だって、おかしいじゃないですか。人間は普通ロケットなんかに捕まりませんよ。ナチュラルに乗ります。それに人間はあんなに治癒力高くないですよ。銀さんだって直ぐに直りませんよ。打たれて一日もたたない内に傷口なくなるまで直るはずないじゃないですか。非科学的じゃないですか。

それにもう一つ。

夜兎の星にはタクアンって存在するんですか??卵も存在するんですか??
私的には、宇宙人の食べ物ってなんかサルの脳みそとか、
蛙の目玉とか、トカゲの丸焼きとかいうイメージが強すぎて、
天人の食卓が想像つきません。
一回、想像しすぎて気持ち悪くなった事もあります。

空知先生!!そのへんお願いします!!

………。

……。

…。

って言っても届かないのが現実です。
よくよく考えてみればこれはアニメです。漫画です。
もぅメルヘ~ンなん世界に突入しちゃってます。
非科学的なのがあたりまえなんです。

だって、漫画を現実的によく考えてみれば、ワンピースのルフィーは危ないじゃないですか。普通あんなに伸びませんよ。骨どうなってるんですか。胃袋どうなってるんですか。アメリカの人間に見つかったら良い実験体ですよ。
解剖されちゃいますよ。危ない!!!((御前の考えだァァァアア!!!!))

もう良いじゃないですか。自分。
楽しければ全て良し。結果オーライ!!

ドゥーユーアンデステーンドゥ??((意味不明))

あっ、空知先生に一言言わなくっちゃ~♪

空知先生…

萌えをありがとう!!!!

そして…

神楽にシモネタ言わせるの少なくしてください… 

2008.03.04 
ブログを始めたばかりかもしれませんが、中々コメントを書いてもらえない…
なんて一人悩み始めちゃってるユアです。絵文字名を入力してください


さっそくですが皆さん、下の写真を見てもらいたいのですが…
一体何に見えます??にっこり


黒いの



大体の方は何かの実験の副産物か、
変なものを食べてしまったときの物体A的な物をご想像すると思いますが、
実はこれ一応…
ドーナツなんです。はい。

皆さん絶対に「ありえねぇぇ!!!!」なんて思っていると思いますが、ドーナツなんです。純粋((色は純粋じゃありませんが))なドーナツなんです。

これを作ったときのお話をしましょう…
2月16日の事でした…

その日は暇でしょーがなくてテレビを見ていました。
その時見ていたのが料理番組~♪((ドラエモン風に))
番組で作っていたのはカツどんだったのですが、
私はふと思ったのです。

ユアの心「あんな変なオヤジが料理できるなら自分にだって作れる!!」

とね。もう自意識過剰ですよ。今思ってみれば…
でも私って、自分で言うのもなんですが、
思い立ったら直ぐやらなきゃ気がすまない性質があるんですよ。
で、その性質が何か((料理番組のオヤジですが))に反応しちゃって
即座にキッチンにレッツゴー!!!ですよ。
女の戦場とも言えるキッチンには
我がマミーがいました。

ユア「ねぇ、料理作りたい。」
マミー「は?」
ユア「だぁかぁらぁ、料理したいって言ってるの!!」
マミー「あっそう。じゃぁ、勝手にやれば??でも後片付けはちゃんとやって」
ユア「イェッサァー!!」

こんな感じでこちらにキッチンの利用権をこちらに引き渡してもらいました。
ですが、ここからが問題です。
作るといっても、何を作るなんて決めてはいません。
冷蔵庫や戸棚などを見ても中々良さそうな材料はありません。

ユア「ねぇ~…なんかいいのない~??」
マミー「そんなの知らないわよ。」
ユア「え~…」
マミー「あっでも、ホットケーキ作るからホットケーキミックスは使わないでよ。」

私はホットケーキミックスというワンフレーズを聞いた瞬間、あることを思いました。

ユア「ドーナツ作ろう!!」

マミーは少ししかめっ面で私を見ましたがそんなのお構いなしです。
私の中では小麦粉とベーキングパウダーと砂糖とバターとかそんなのを
混ぜてあげればいいだろう的考えが搭載されていますので、
小麦粉とベーキングパウダーと砂糖とバターを用意しました。
そして全てをボールのなかにIN!!!です。
もちろん分量なんて量りません。全てカンで行います。
これぞまさに大雑把クッキィングゥ~♪
((ただ単に分量も作り方も知らないだけです。))

と、私はふと思いました。

ユア「味、ぜんぜんないよね。」

仮にも砂糖を入れていますが、多分あまり味はないと思ったのか、
冷蔵庫の中を見ました。
中にはヴァニラエッセンスと練乳とイチゴジャム…

普通ならばヴァニラエッセンスあたりで終わらせるのが基本なのですが、
自分にはそんな考え方備わっていません。
料理は色んな物をグチャグチャにすれば美味しくなるという考えが邪魔しているからです。
それにほら、言うじゃないですか。

ユア「グロテスクな物ほど美味しい!!」

とね…。

そして出来上がったのが異様にピンクィかたまりです。
なんか所々にイチゴジャムの塊が見えましたが、
これまたお構いなしです。

そして、ドーナツ型に整えます。
このときのマミーは絶対に食べない…なんて考えていたでしょう…

油((サラダ油です))を鍋みたいなのに入れて数分。
もちろん、温度なんてどうでもいいです。
最終的にちゃんと揚がっちゃえばいいんですから。

油も温まってきたところでドーナツをIN!!です。

最初は結構いい感じ((自分的にです))に揚っていたのですが、
途中からドーナツの様子が急変してきました。
ドーナツから皮がはがれると言うか、
分裂していくといいますか…
とにかくすごいことになってしまったんです!!!!!

そして出来上がったのがあの写真に写っているものです。
最初見たときビックリしましたよ。

ユア「新たな発明だ!!」

なんてね。
揚ったばかりなので、少し時間が経ってからその黒い物体((ドーナツ))を
触ってみました。
スゴイデスヨ!!触った瞬間に思った感触の感想がホッカイロの中身!!
ひとかけら摘んで軽く力を入れると、もう…
見事に灰の如く砕け散っていきました。

私、料理しないほうがいい人種なのかもしれませんね;
一応反省ですorz((見た目だけですが))

……。
…。

今度はケーキに挑戦要しようと思います!!((てへっ♪))

2008.03.02 
今日は御家で家族で過ごしていた時、何故だかおりがみの番組を発見し見ていました。
別に折り紙に興味を持ったわけじゃないですよ??
でも、なんとなく見てみたくなってしまってですね~♪((オィ))
それに家族そろってテレビ見るのはあまり無いので…

さっ、本番!!((ナンジャ))

その番組では変なオジサン((志村けんじゃないッスヨ!!))が折り紙の指導っつうか折り方を教えていました。とても丁寧にです。
やり方もすぐに覚えられそうなものから少し難しいものまで教えていて見ているだけで楽しいでした。
そんな時、私のパピーが一言つぶやきました。

パピー「折り紙って、夢あるよな」

どうしたんですか、パピー…もぅ今年で44歳になるというのに、何でいい大人が折り紙ごときで夢見出してんですか!!何か見ていて「仕事辛いのかな・・・」なんて思っちゃったよ!!

まっ、そんな事は置いといて((ポンッ))
私もすかさず野次を入れます。これでも何気にどくぜつなので…((ウソ))

邑愛「でもさ、一番夢を植え付けなくちゃいけない私みたいな子供に作ったとしても、直ぐにぶっ壊されちゃうよね。夢がどうとか言ってる前に、ぶっ壊されたら元も子もないじゃん。子供夢ぶっ壊してるのと一緒じゃん。」
パピー「御前みたいなのは子供じゃない。クソガキの塊だ。」
邑愛「オィ!!なんで私がクソガキの塊なんだよ!!これでもアンタの娘だぜ??もぅちょっと可愛い物体にしろぉ!!」
パピー「娘??…ハハッ、笑っちゃうねぇ。御前、性別は女でも性格男じゃねぇか。」
邑愛「はぁ!?ふざっけんなぁ!!クソジジィ!!」
パピー「女がそういう事言うんじゃない!!!」

みたいな感じの会話にいたってしまいました。((笑))
うちは大体こんな感じですからね。本当に。もぅアダムスファミリー並ですからね。

で、そのまま見つづけていると、【母の日の折り紙~指輪~】
というのになりました。それを見ていると私はふと思いパピーにイイました。
邑愛「ねぇねぇ、母の日にマミーにコレ作ってあげたら??」
パピー「こんなの貰っても誰もよろこb…」

と、パピーが言っている瞬間、マミーが怒鳴ってきました。

マミー「私はこんな安い女じゃないわよ!!18カラットのダイヤモンド持ってこない限り喜んだりしないわ!!あぁ、なんでこんな安い男と結婚したのかしら!!」

それを聞いて苦笑いするパピー。

邑愛の心「マミー…いくらなんでも言い過ぎっての。パピー微妙に傷ついとるよぉ~…」

でも、こんな事いわれても仕方ないでしょうね。事実ですし。

とその次の折り紙が【セーラー服】でした。
一瞬笑ってしまいましたが、これを器用に作ってしまう変なオジサンは拍手もんでした。本当に作っちゃったんですよ。セーラー服。((当り前だ。))
変なおじさん「で、これをひっくり返すと…セーラー服の完成です。」
邑愛&パピー「きたねぇジャン!!!」

もぅ最初に思った事すべて前言撤回です。最後の折がやばかったんでしょうか、セーラー服の襟がとても汚くなっていたのです。まぁ、折り紙の達人みたいですけど、一応人間です。失敗はしてしまいますよね。
それに変なオジサンですし。((関係ねぇぇ!!!!))
し・か・も…
変なオジサン「色を変えれば冥土メイド服にもなります」

ジジィそれ好きなんかァァァアア!!!!

もうどうでも良いような服まで出しやがってきました。
それを見た瞬間に思ったのですが、あの人は休日に秋葉原とかにいってそうです。多分ですけど…

まっ、そんなこんなで折り紙番組は終了しました。

で、思ったのですが!!
季節の折り紙のコーナーになった瞬間、
変なオジサンが季節コスしちゃってるんですよ。
正月⇒和服  ハロウィーン⇒マントとトンガリ帽子 みたいな感じでですね。

今の若者に追いつきたいのか、それともウケねらいでコスプレをしているのかは定かではありません。ですけど、一つ言いたい事があります。


邑愛「ジジィ!!コスプレ似合わないんだよォォォオオ!!!!

2008.03.01 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。